パッシブハウス・無暖房住宅・省エネ環境住宅・RC外断熱、北海道・札幌市・北広島市の株式会社 今川建築設計監理事務所サイト へようこそ

 
●トップページへ ●初めての方へ ●住まいの相談 ●お問い合わせ ●アクセス ●リンク ●サイトマップ 

寒冷地住宅の実態

北海道は広い。
今更、何言ってるの?と、言われそうですが、この広いエリアで、建物性能が程んど同じレベルであることに、改めて驚いています。

先日、道東のある市を訪ねました。
そこで、市内に高性能な住宅があると聞き、見に行きました。

夜間でしたが、たままた持参していた熱画像機で、その性能を確認しました。
その画像が下の写真です。

%E7%AA%93%E5%BB%BB%E3%82%8A001.jpg
(外部の至る所から熱が漏れている事が分かります。)


%E5%A4%96%E5%A3%81%E3%81%AE%E4%B8%8B%E5%9C%B0%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3001.jpg
(窓廻りを始め、壁の下地が熱橋になっていることが分かります。)


%E7%AA%93%E5%BB%BB%E3%82%8A002.jpg
(窓の様子です。樹脂サッシでトリプルガラス仕様ですが、取付け方が外側付けの為、より熱を逃がす結果になっています。)


%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E7%86%B1%E6%A9%8B001.jpg
(外に突き出た基礎からの熱逃げです。本体の基礎は外側に断熱が有りますが、突き出た基礎には断熱が無く、コンクリート同士の接続は、熱橋に成ることが良く分かる例です。)


%E5%BA%8A%E4%B8%8B%E6%8F%9B%E6%B0%97%E5%BB%BB%E3%82%8A001.jpg
(床下からの熱がが、換気口から逃げている様子です。)


撮影時の外気温度は-7.0℃で、現地としては最低気温-20℃が連日続いていた時期よりも、気温が高めとのことでした。
しかし、その条件下で、この様な映像になることは、-20.0℃の極寒状態時では、更に色が濃く出される事でしょう。
つまり、多くの熱が室内から屋外に出て行く事を意味します。


壁の映像からは、付加断熱の工夫が、必要で有ることが分かります。
木は断熱材よりも、約3倍強の熱を通します。
構造的に木の接続が必要ですが、その接続方法に工夫が必要です。
厳しい寒さに対し、木の熱橋は、無視出来ない事が分かります。


至る所から熱は逃げていきます。
寒冷地の住宅は、生半可な考えや施工では、真の高性能住宅には成りません。
それを、この画像は教えています。

トップページへ > パッシブハウストップへ

パッシブハウス・無暖房住宅・外断熱の今川建築設計監理事務所: 2012年02月15日|ページの 先頭へ|