パッシブハウス・無暖房住宅・省エネ環境住宅・RC外断熱、北海道・札幌市・北広島市の株式会社 今川建築設計監理事務所サイト へようこそ

 
●トップページへ ●初めての方へ ●住まいの相談 ●お問い合わせ ●アクセス ●リンク ●サイトマップ 

自販機1台は、我が家の年間暖房費86%に相当(パート1)

先日、ラジオで自販機の使用制限の話をしていました。
自販機メーカーでの調べでは、自販機の年間平均使用電力は1533Kwhだそうです。


北海道パッシブハウスの、年間暖房エネルギー量(電力使用量)は1777Kwhです。
自販機電力使用量の、平均1533Kwhを1777Kwhで割ると、86.27%に成ります。
自販機は、北海道パッシブハウスの年間暖房エネルギー量の、86%もの電力を消費しているのです。


全国平均ですから、寒い北海道地区では平均よりも多め?少な目?。
いずれにしても、本当に必要な自販機でしょうか?


北広島市の我が家に帰る途中の商店には、自販機が6台置いています。
6台×1533Kwh=9198Kwhは、北海道パッシブハウス全エネルギー消費量5623Kwhの、1.6倍に相当します。


省エネルギーを語る前に、周りを見渡して、日本の有り方を検証してみては如何でしょうか。

トップページへ > パッシブハウストップへ

パッシブハウス・無暖房住宅・外断熱の今川建築設計監理事務所: 2011年04月16日|ページの 先頭へ|