パッシブハウス・無暖房住宅・省エネ環境住宅・RC外断熱、北海道・札幌市・北広島市の株式会社 今川建築設計監理事務所サイト へようこそ

 
●トップページへ ●初めての方へ ●住まいの相談 ●お問い合わせ ●アクセス ●リンク ●サイトマップ 

REC Temovex社セミナー開催のお知らせ

REC Temovex社の社長であるヨーラン・フローマン氏が、来札してセミナーが開催されます。(通訳は、スウェーデン在住の友子・ハンソンさんです。)


スウェーデンの換気メーカーであるREC Temovex社は、高性能な熱交換換気装置を古くから手掛け、ドイツパッシブハウス研究所の所長である、ファイスト博士が1991年に建てられた、ドイツ初のパッシブハウスには、スウェーデンTemovex社の換気装置が使われました。


スウェーデンに2002年建てられ、日本に紹介されたHouse without heating system(暖房装置の無い家)でも採用され、その後のスウェーデン国内での各パッシブハウスプロジェクトでは、必ずREC Temovex社の熱交換換気装置が使われ、最近国内でも紹介された、スウェーデン初のプラスエナジーハウスでも使われ、スウェーデンのパッシブハウスでは、その90%以上でREC Temovex社の換気装置が採用されています。
その性能の高さが認識され、スウェーデン国内だけでは無く、世界各国に輸出されています。


日本に於いても、2005年長野県の介護施設で採用され、その熱交換率やフィルター性能の高さが立証されています。
2010年完成の、当社設計・監理の北海道パッシブハウスでも、REC Temovex社の250タイプ換気装置を採用し、その性能の高さを実感しています。


REC Temovex社では、熱交換換気措置単体を販売するシステムでは無く、トータルシステムとノウハウを販売する仕組みを取っています。
日本では、熱交換換気装置だけを建物に取付ければ、建物の性能が飛躍的に向上すると言う認識が有りますが、それは明らかな間違いである事を、REC Temovex社では常に唱えています。
特にパッシブハウスの様な、トータルクオリティーが高められた、究極の建物ではその換気に於けるトータルシステムが必要な事がよく分かります。
日本国内での換気に対する考えと、換気先進国であるスウェーデンの違いを実感し、多くの知識を得られるセミナーに成ると考えます。
是非、この機会を逃さず、ご参加される事をお勧めします。


REC%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC.jpg

■開催日時: 平成22年12月13日(月)13:30~15:30(受付13:00~)
■会   場: かでる2・7(北海道立道民活動センター)501会議室
札幌市中央区北2条西7丁目
TEL011-204-5100
札幌駅徒歩12分
かでる2・7(北海道立道民活動センター)
■主   催: ハイシマ工業株式会社、株式会社ウエスト
■協   賛: パッシブハウス15プロジェクト会議
■参加費  :無料 (予約制となります)
申し込み用紙をダウンロード


トップページへ > お知らせトップへ

パッシブハウス・無暖房住宅・外断熱の今川建築設計監理事務所: 2010年11月16日|ページの 先頭へ|