パッシブハウス・無暖房住宅・省エネ環境住宅・RC外断熱、北海道・札幌市・北広島市の株式会社 今川建築設計監理事務所サイト へようこそ

 
●トップページへ ●初めての方へ ●住まいの相談 ●お問い合わせ ●アクセス ●リンク ●サイトマップ 

上田札幌市長が無暖房住宅PROJECTに来ます。

2009年11月27日(金)NPO外断熱推進会議は、上田札幌市長を表敬訪問しました。

目的は、ドイツのパッシブハウスコンサルタント資格を取得する、クーラー・アンドレアさんが翻訳した、エネルギーパスの解説本を贈呈し、ドイツでのエネルギーパスの現状を説明する事、建物の省エネ化には外断熱工法が必要である事を話す事です。
更に、NPO外断熱推進会議北海道支部会員も、各自の視点で今後札幌市の外断熱普及や、建物の省エネ化などに付いて意見を述べる事です。


P1100174.jpg
(ドイツのエネルギーパス解説本を上田市長に手渡す、クーラー・アンドレアさん)


その中で、現在当社が進めている、無暖房住宅PROJECTを紹介し、具体的なパッシブハウス(無暖房住宅)の実例が、札幌市内で進行している事を伝えました。
今後札幌市が、省エネや温暖化対策等への取り組みの方策として、考え得るのではなかいと言う提言を行いました。


P1100181.jpg
(無暖房住宅PROJECTの工事内容を上田市長に説明する今川)


P1100180.jpg
(上田市長に設計図を使い、断熱厚さ等を説明する。)


上田市長は、省エネ住宅に付いての高い見識とその重用性を理解しており、札幌市厚別区で建設中の、無暖房住宅PROJECTに強い関心を頂きました。
私の『是非、市長自ら世界に通用する、パッシブハウスを体感して頂きたいです。』の言葉に、『工事完成はいつですか』と質問され、完成が来年1月である事を伝えると、『完成後、必ず訪問したい』と、お答え頂きました。
また、市長は『老後は、こんな住いに住みたいね。』と私達の笑いを誘いました。


P1100184.jpg
(クーラーアンドレアさんを始め、NPO外断熱推進会議会員と上田市長の記念撮影、右端女性が三宅札幌市議)


上田札幌市長自ら、日本一の住宅性能の家を体感され、パッシブハウス(無暖房住宅)の性能を肌で感じて頂く事は、札幌市を始め、北海道に於いて省エネ住宅の普及促進に大きな影響を与えるものと期待します。
また、私達の無暖房住宅PROJECT建設の意義が、具体的な形として表れる、始めの一歩に成ると思います。

トップページへ > 無暖房住宅PROJECTトップへ

パッシブハウス・無暖房住宅・外断熱の今川建築設計監理事務所: 2009年11月28日|ページの 先頭へ|