パッシブハウス・無暖房住宅・省エネ環境住宅・RC外断熱、北海道・札幌市・北広島市の株式会社 今川建築設計監理事務所サイト へようこそ

 
●トップページへ ●初めての方へ ●住まいの相談 ●お問い合わせ ●アクセス ●リンク ●サイトマップ 

6-1.リンドースの無暖房住宅(その1)

%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%8939.jpg

スウェーデンの無暖房住宅として、最初に建設されたのがリンドースの無暖房住宅です。


%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%8940.jpg

リンドース団地は、スウェーデンの第二の都市であるヨーテボリ市から、約20Km位離れた地域に有ります。


%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%8943.jpg

リンドース団地の入り口です。


%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%8944.jpg

無暖房住宅(右側の4棟)の、上空からの写真です。
屋根に、ソーラーパネルとルーフウインドが光っています。
4戸、6戸の連棟建物が、各2棟づつ有ります。


%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%8945.jpg

リンドースの無暖房住宅の配置図と1、2階平面図です。

%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%8946.jpg

リンドースの無暖房住宅の設計者、ハンス・エーク氏です。
ハンス・エーク氏自らが、現地で無暖房住宅の説明をしてくれました。


%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%8947.jpg

リンドースの無暖房住宅、南面の全景です。
屋根にある5㎡のソーラーパネルで、年間必要給湯分の50%を賄います。


%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%8949.jpg

太陽光を取り入れる為に、南面には大きな吐き出しタイプの窓が付いています。
寒冷期間は、太陽エネルギーを暖房エネルギーとして活用します。

反対に、夏場の太陽エネルギーは、室内には不用なため、太陽光入射角度を考慮して、屋根の庇を大きく出して防いでいます。
バルコニー部は、1階部分の窓に対する、庇の役目をしています。


%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%8950.jpg

リンドースの、無暖房住宅の概念図です。
太陽エネルギーの、夏と冬に措ける取り入れと遮蔽が良く分かります。
また、夏の室内温度管理用には、天窓の活用も考慮されています。

室内の必要換気は、熱交換率85%の高性能熱交換換気装置で行っています。
玄関は、風除室を介した木製断熱玄関ドアが、2重に配されています。


%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%8948.jpg

リンドース無暖房住宅の、(上)南面と(下)北面の写真です。

%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%8951.jpg

妻面の写真です。
東西面に成る壁面には、小さな窓しか有りません。
高性能な窓でも、壁性能の1/10しか有りません。
熱収支的に有利な南面窓以外は、極力窓面積は小さくして熱損失を防いでいます。


次回は、6-2の題『リンドースの無暖房住宅(その2)』を記します。

トップページへ > 無暖房住宅から見える北海道住宅トップへ

パッシブハウス・無暖房住宅・外断熱の今川建築設計監理事務所: 2007年10月09日|ページの 先頭へ|