パッシブハウス・無暖房住宅・省エネ環境住宅・RC外断熱、北海道・札幌市・北広島市の株式会社 今川建築設計監理事務所サイト へようこそ

 
●トップページへ ●初めての方へ ●住まいの相談 ●お問い合わせ ●アクセス ●リンク ●サイトマップ 

スウェーデン・マルメ市の外断熱マンション(外部編)

スウェーデン視察(2003年1月23日から1月30日)
マルメ市(1月25日)

スウェーデン・マルメ市内の、外断熱マンションを視察しました。
マルメ市は、スウェーデン第三の都市です。
隣の国デンマークとマルメ市は、2000年7月に開通した、オーレスン大橋で繋がっています。


オーレスン大橋(機内からデンマーク側よりマルメ側を見る)

mr-0050.jpg


スウェーデン南部の地図です。
(赤囲い部分が、マルメとコペンハーゲンの海峡を示します。)

mr-0001.jpg


マルメ市の外断熱マンション(外部編)

写真は、外断熱工法による大型のマンション(100世帯位か)です。
写真の右側にあるゲートを抜けると、後ろ側にも棟が続いていました。

mr-0002.jpg


右側のゲート部分です。

mr-0003.jpg

この集合住宅は、建物が馬蹄形に近い曲形をしています。
ゲート中は、中庭風のスペースに成っていました。


後ろ側の、マンション棟です。
  
mr-0004.jpg


曲線で構成されています。

mr-0005.jpg

手前は中庭スペースです。


幾つか有る内の、共用玄関のガラス庇です。

mr-0006.jpg


外周から見た、同マンションです。

mr-0007.jpg


波がうねる様な、イメージのマンションです。

mr-0008.jpg


縦方向に照明が付いている部分は、共用玄関と階段部です。

mr-0009.jpg


別方向からの、外部写真です。

mr-0010.jpg


屋根の形状です。
トタン葺です。

mr-0011.jpg


メンテナンス用と思われる、落下防止用の金物が付いています。

mr-0012.jpg

先に見た戸建の瓦屋根にも、同じ様な物が付いていました。


外断熱乾式工法用の通気口です。

mr-0013.jpg

通常外断熱工法では、室内側から外部方向に抜ける水蒸気を、外に逃がす通気層を設けています。
その通気層への、外気入気口です。


同じ建物の、共用玄関付近の通気口です。

mr-0014.jpg


虫の侵入防止する、網が付いています。
通気開口部の間隔は、1000mm位でした。

mr-0015.jpg


窓下付いていた、室内換気用吸気口です。

mr-0016.jpg

スチール製の固定ガラリでした。
窓下の暖房パネル裏に取り付けある、この給気口から入れた新鮮空気は、パネルの余熱を利用し、少し暖められてから、室内に流れる仕組みです。


同じ棟の、上階の窓下室内給気用吸気口です。

mr-0017.jpg

このマンションの室内換気システムは、第三種換気方式(自然給気、機械排気)の様です。


同じく窓下の、給気用吸気口です。
居室面の窓下には、ほとんど付いていました。

mr-0018.jpg


同マンションの、共用玄関口です。

mr-0019.jpg


共用玄関のドア越しに、共用ホールを見た写真です。

mr-0020.jpg


呼び出し用の、インターホンです。

mr-0021.jpg

右側が、入居者名と室番号です。
左側が、室番号打ち込みボタンとマイク口です。


近くの、別マンションです。

mr-0022.jpg

このマンションは、道路をハサンで、海が間近に見える為、その方向への窓が大きく取られています。


この12戸程の集合住宅も、勿論、外断熱工法の建物です。

mr-0023.jpg


バルコニーは、断熱材による熱橋防止対策が、施されています。
その為、躯体側からの接続を最小限にするため、バルコニーは小さくPC化されています。

mr-0024.jpg


バルコニーを、下部から写した写真です。

mr-0025.jpg


同じく、バルコニー下部の写真です。

mr-0026.jpg


外断熱工法の建物のバルコニーは、接続が熱橋にならに様に、断熱で縁切りされています。

mr-0027.jpg


出窓部分です。

mr-0028.jpg


このマンションにも、外断熱工法の通気層への通気口が有りました。

mr-0029.jpg


やはり、網処理された通気口です。

mr-0030.jpg


同マンションの共用玄関です。

mr-0031.jpg

木製の気密ドアと、ペアガラスによる風除室の仕切りです。

風除室による仕切りで、その外側から見た内側の共同玄関ドアです。

mr-0032.jpg


風除室スペースの、暖房パネルヒーターと郵便受けです。

mr-0033.jpg


共用玄関部の暖房パネルヒーターです。

mr-0034.jpg

共用玄関から内部は、暖房エリアの考えです。
スウェーデン建物は、共用部分も室内空間で暖房エリヤとの考えです。
この、暖房の範囲は、日本のマンションと大きく、異なる部分です。


付近の別なマンションです。
こちらの、マンションも外断熱工法ですが、断熱方式は湿式外断熱です。

mr-0035.jpg

4階建ての集合住宅内部を見学できた。
(海岸近くのマンション内部編へ)


色取り取りのマンション群です。

mr-0036.jpg

視察も終盤時間になり、辺りは薄暗く成ってきました。
各家々の窓辺には、スタンドの明りが灯ってきました。
寒い外から見る明りは、ほんのりとした暖かさを感じる風景でした。


マンション間の芝生スペースです。

mr-0037.jpg

マンション間、南北間はたっぷりと、間隔を取って日差しを考慮しています。


建物下部が、レンガ積みのマンションも有りました。

mr-039.jpg


建物下部の、レンガ積み部分です。

mr-0040.jpg


配色が、大変カラフルなマンション群です。

mr-0041.jpg


形状デザインも、色々です。

mr-0042.jpg


屋根形状も、大変複雑な形をしています。

mr-043.jpg


下部は石積みで、乾式外断熱通気層工法、上部(赤い部分)は、湿式外断熱工法の建物です。

mr-0044.jpg


道路側から見たマンション群です。

mr-0045.jpg


青色で統一された、マンションです。

mr-0047.jpg


このマンションは、付近の建物よりも築年数が古い様です。

mr-0049.jpg

ガラス窓が大きく、ガラスブロックの採用など、付近の省エネマンションとは違っていました。

スウェーデン・マルメ市の外断熱マンション(外部編) 終り

トップページへ > 外断熱の建物トップへ

パッシブハウス・無暖房住宅・外断熱の今川建築設計監理事務所: 2007年02月10日|ページの 先頭へ|