パッシブハウス・無暖房住宅・省エネ環境住宅・RC外断熱、北海道・札幌市・北広島市の株式会社 今川建築設計監理事務所サイト へようこそ

 
●トップページへ ●初めての方へ ●住まいの相談 ●お問い合わせ ●アクセス ●リンク ●サイトマップ 

首都ベルリンの建物(その3)

ドイツ連邦共和国
首都ベルリン市内の、建築を4回に亘って紹介しています。
(2003年2月2日視察)


ベルリン市内の地図(2枚貼り合わせ全体図)
ベルリン合成.jpg

右側の拡大地図です。

ベルリン 3-a.jpg

右上のアレキサンダー広場から始まり、前回の首都ベルリンの建物(その2)では、(22)ブランデンブルク門横の、フランス大使館まで紹介しました。

今回は、図面中段左上の、ブランデンブルク門近くの公衆電話(エバート通り側)からの紹介です。

左側の拡大地図です。

ベルリン 4-a.jpg

こちらには、(26)官舎⇒(27)鉄道高架越しに見えた、奇抜な形のアパート⇒(28)半地下タイプの体育館⇒(29)ベルヴュー宮殿⇒(30)戦勝記念塔(ジーゲスゾイレ)が載っています。


今回は、以下の順序で紹介します。
(23)ブランデンブルク門近くの公衆電話(エバート通り側)⇒(24)ブランデンブルク門の先にあった犠牲者追悼メモリアル⇒(25)ルター橋⇒(26)官舎⇒(27)鉄道高架越しに見えた、奇抜な形のアパート⇒(28)半地下タイプの体育館⇒(29)ベルヴュー宮殿⇒(30)戦勝記念塔(ジーゲスゾイレ)⇒(31)チェックポイントチャーリー⇒(32)ベルリンの壁博物館⇒(33)チェックポイントチャーリー近くのビル⇒(34)GSWビル⇒(35)GSWビル近くの新築ビル⇒(36)リンデン通りに面した奇抜な形体のビル⇒(37)ユダヤ博物館


(23)
ブランデンブルク門近くの公衆電話(エバート通り側)
ベルリン-b-0001 (79).jpg


(24)
ブランデンブルク門の先にあった犠牲者追悼メモリアル。
ベルリン-b-0001 (80).jpg
1961年から1989年までに、ベルリンの壁を越え様として犠牲になった人の碑。(エバート通り側)


(25)
ルター橋
橋の上から東側のテレビ塔方向を見る。
川は、シュプレー川。
ベルリン-b-0001 (81).jpg

(25)
ルター橋
橋の上から西側を見る。
ベルリン-b-0001 (82).jpg


(26)
官舎(1)
ヘビの様に、蛇行した形の官舎建物。
外断熱の建物です。
ベルリン-b-0001 (83).jpg

(26)
官舎(2)
左:1階部分のテラス(白い板は隣戸との仕切り) 右:外壁にある通気穴。
ベルリン-b-0001 (84).jpg ベルリン-b-0001 (85).jpg


(27)
鉄道高架越しに見えた、奇抜な形のアパート。
ベルリン-b-0001 (86).jpg


(28)
半地下タイプの体育館
歩道から施設内が覗けた。
ベルリン-b-0001 (87).jpg


(29)
ベルヴュー宮殿
宮殿前のバス停から
ベルリン-b-0001 (88).jpg

(29)
ベルヴュー宮殿前のバス停から見える、
戦勝記念塔(ジーゲスゾイレ)
ベルリン-b-0001 (89).jpg


(30)
戦勝記念塔(ジーゲスゾイレ)
バスの中から撮影バックからのアングルでした。
ベルリン-b-0001 (90).jpg

ジーゲスゾイレ(戦勝記念塔) Siegessaule
6月17日通りのなかほどにそびえる高さ67mの塔。
先端に女神ヴィクトリアの像を頂き、その足元に地上50mの展望台がある。普仏戦争でのプロシアの勝利を記念して建てられた。


(31)
次に東西ドイツ時代の検問所が有った、チェックポイントチャーリーにバスで向った。
チェックポイントチャーリー近くの建物。
手前の小屋は地下鉄出入り口
ベルリン-b-0001 (91).jpg

(31)
チェックポイントチャーリーは観光名所の一つ。
多くの観光客がいました。
ベルリン-b-0001 (92).jpg

(31)
チェックポイントチャーリーにて
ベルリン-b-0001 (93).jpg

(31)
チェックポイントチャーリー近くの店先に
置いてあるベルリンの壁
ベルリン-b-0001 (94).jpg


(32)
ベルリンの壁博物館。
ベルリンの壁の、資料が展示されている。
ベルリン-b-0001 (95).jpg


(33)
チェックポイントチャーリー近くのビル。
ドイツではガラス外装の建物が大変多い。
ベルリン-b-0001 (96).jpg


(34)
GSWビル(1)
ダブルスキンの外装と、ブラインドのカラフルさで有名なビル。
ベルリン-b-0001 (97).jpg

(34)
GSWビル(2)
同ビル下部。
ベルリン-b-0001 (98).jpg

(34)
GSWビル(3)
同ビル下部の棟続きにある付随部分。
円形をしている。
ベルリン-b-0001 (99).jpg


(35)
GSWビル近くの新築ビル。
ここも、ガラス仕様だ。
ベルリン-b-0001 (100).jpg


(36)
GSWビルよりリンデン通りを歩く。
リンデン通りに面した奇抜な形体のビル。
ベルリン-b-0001 (101).jpg


(37)
ユダヤ博物館(1)
博物館への入り口。
ベルリン-b-0001 (102).jpg

(37)
ユダヤ博物館(2)
ダニエル・リベスキンド作ユダヤ博物館(リベスキンド氏は、2003年2月にアメリカニューヨーク市グランドゼロ跡地開発の設計コンペで採用が決まった、建築家です。)
ベルリン-b-0001 (103).jpg

(37)
ユダヤ博物館(3)
不規則な形体の建物何かを訴える様な感じがある。
ベルリン-b-0001 (104).jpg

(37)
ユダヤ博物館(4)
道路1区画に配置された大きな建物で、内部見学には2時間位かかるそうです。
時間が無く、内部見学は出来ませんでした。
ベルリン-b-0001 (105).jpg


首都ベルリンの建物(その4)に続く。

トップページへ > ドイツトップへ/海外情報:建物・街なみ・展示場トップへ

パッシブハウス・無暖房住宅・外断熱の今川建築設計監理事務所: 2007年02月17日|ページの 先頭へ|