パッシブハウス・無暖房住宅・省エネ環境住宅・RC外断熱、北海道・札幌市・北広島市の株式会社 今川建築設計監理事務所サイト へようこそ

 
●トップページへ ●初めての方へ ●住まいの相談 ●お問い合わせ ●アクセス ●リンク ●サイトマップ 

スウェーデン・マルメ市BO01再開発地域の外断熱

スウェーデン・マルメ市BO01再開発地区の視察

2001年マルメ市で開催されたボーノルエット(BO01)住宅博会場を視察しました。

2001年に開催されたBO01住宅博会場は、視察時一般入居が開始されていました。 未来型住居(省エネ、自然エネルギー利用、環境配慮)をテーマに造られた建物群を見学しました。 (BO01については、海外のレクチュア参照)
bo01-P-0001.jpg
人口的に造られた運河がBO01内に有ります。
bo01-P-0002.jpg
この場所は、旧造船所と自動車メーカーサーブ社の工場跡地を再開発したものです。 人口運河沿いに建つ、近未来型の集合住宅群です。
bo01-P-0003.jpg
住宅群と運河を挟んだ対岸の遊歩道です。 鉄板の土止めがカーブを描いています。 植樹された木の周りは、小砂利が敷きつめられている。 白く見えるのは、雪では有りません。1月25日の真冬にもマルメ市内には積雪は有りません。
bo01-P-0004.jpg
遊歩道を通り、人口運河対岸側から見たBO01地区の建物です。
bo01-P-0005.jpg
人口運河には、ボート用の船付き場もあり、夏場には水遊びなどが出来る様です。
bo01-P-0006.jpg
色や形が、今まで視察してきたスウェーデンの建物と違い斬新です。 しかし、現地の日本人の話しでは、家賃の高さや使い勝手等に難があり、あまり人気が無いとの事でした。
bo01-p-0006a.jpg
余りにも、未来志向の為、入居者が使い勝手や今までとの違いに、戸惑う苦情が多いとも聞きました。
bo01-P-0008.jpg
便利さや経済性、省エネ性など多くのコンセプトを 掲げたBO01も、問題が無い訳では無い事を知りました。
bo01-P-0009.jpg
しかし、未来への布石的試みは各建物に凝縮され、そのデータや問題点は、将来に役立つでしょう。
bo01-P-0010.jpg
色形など様々な住居や事務所施設が有り大変華やかです。 しかし、それぞれの建物には省エネ、リサイクル等の設備がほどこされ、将来の建築の序章なのかも知れません。
bo01-P-0011.jpg
この建物は、窓ガラスが大きく、省エネとの関連を質問したい建物でした。
bo01-p-0011a.jpg
バルコニー廻りも、ルンド大学のレクチュアとは、異なっているようですが?大丈夫なのでしょうか。
bo01-P-0013.jpg
建物の中心に位置する、憩いの場。気候が良くなると、子供達の歓声が聞こえそうです。木の使い方が上手いと感じました。
bo01-p-0013a.jpg
色使いが綺麗です。
bo01-p-0013b.jpg
形は奇抜だが、外断熱と高性能ガラス、暖房と換気など、建築理論とデザインの融合した建物です。 屋上に見えるのは、垂直設置タイプのソーラーパネルです。 (BO01海外のレクチュア参照)
bo01-p-0013c.jpg
遠くからも目立つデザインです。
bo01-P-0017.jpg
外断熱と高性能ガラスによる省エネ建物と言われても、ガラス面積が大きく省エネ?と疑いたくなってしまいます。
bo01-p-0017a.jpg
バルコニーもスチールの様で、ヒートブリッジ対策も質問したい建物でした。 地震の無い国ならではの、構造設計に見えます。
bo01-p-0017b.jpg
ガラスの使用が多く意外(熱収支の件で)でしたが、 高性能ガラスにより、太陽光熱の利用が盛んに行われている様です。
bo01-P-0021.jpg
建物部位ごとの、色使いが面白い。
bo01-P-0022.jpg
湿式タイプ外断熱の外壁収まりです。
bo01-P-0023.jpg
窓周りのアップです。
bo01-P-0024.jpg
海岸淵から離れた、BO01地区の内側に配置されている建物です。
bo01-P-0025.jpg
低層タイプの建物が並ぶ、海岸淵から離れた建物群。
bo01-P-0028.jpg
色や形がいろいろあります。2階建てから4階建てが主流です。
bo01-P-0029.jpg
再び、運河沿いに戻り、右側の建物を近くで見学しました。(BO01海外のレクチュア参照)
bo01-p-0031-a.jpg
外断熱の外壁は、板張りにペンキ仕上げの外装です。
bo01-P-0034.jpg
窓廻りの収まりです。
bo01-P-0035.jpg
外壁コーナー部分です。出隅にはSUS金物使用しています。腰見切りは木に塗装です。
bo01-P-0037.jpg
地下室の採光窓です。
bo01-P-0039.jpg
部屋別のインターホン。横は吸気ガラリ?
bo01-P-0040.jpg
集合住宅の分別ゴミ投入口。
bo01-P-0041.jpg
分別ごとの、投入口と分別を写真化した貼紙。
bo01-P-0042.jpg
投入口を開けた状態。 この口から、分別ゴミを投入します。
bo01-P-0043.jpg
投入口別に、入れる物が写真入りで貼られていました。
bo01-P-0044.jpg
中庭を配した、集合住宅。
bo01-P-0045.jpg
回廊式の外部廊下が廻る建物。廊下は木床組みです。
bo01-P-0048.jpg
分譲価格は、56.2㎡で900,800Krと記載されていました。
bo01-P-0049.jpg
2階への木階段。斬新さの中に、木が使われています。
bo01-P-0050.jpg
バルト海に面する、BO01地区には、ボートなどの船着き場が有ります。
bo01-P-0051.jpg
当日は、曇天で風も強く対岸を見る事が出来ませんでした。 天気の良い日は、景色が最高の場所かも知れません。 B001地区の対岸はデンマークの首都コペンハーゲンで、晴天の日は、2000年7月に完成したスウェーデンとデンマークを結ぶオーレスン大橋が見えるそうです。
bo01-P-0054.jpg
マルメ市とデンマーク国・コペンハーゲンを結ぶ オーレスン大橋。2006年無暖房住視察の際、飛行機内から撮影。
P3150110.jpg

トップページへ > 外断熱の建物トップへ

パッシブハウス・無暖房住宅・外断熱の今川建築設計監理事務所: 2006年11月12日|ページの 先頭へ|