パッシブハウス・無暖房住宅・省エネ環境住宅・RC外断熱、北海道・札幌市・北広島市の株式会社 今川建築設計監理事務所サイト へようこそ

 
●トップページへ ●初めての方へ ●住まいの相談 ●お問い合わせ ●アクセス ●リンク ●サイトマップ 

3.スウェーデン住宅の何故

何故その1:結露とカビ

日本には多い、結露現象やカビの生える戸建の家やマンションが、スウェーデンには有りません。(スウェーデンでは、カビの生える家は、住まいとは認められません。)

 札幌市内のMS玄関壁の結露とカビ

何故その2:外断熱

昭和48年のオイルショックは、世界全体で起こった出来事でした。 その時、スウェーデンの鉄筋コンクリート造や組積造の建物は、外断熱に移行しました。 しかし、日本では未だに内断熱です。 何故なのでしょうか。 (スウェーデンでは、鉄筋コンクリート造や組積造は外断熱が常識です。)

外断熱と内断熱の説明(スウェーデンの建築雑誌に掲載:中央が外断熱、両側が内断熱)

何故その3:景観

日本には、いろんな色や形状の住宅が有りますが、何故、スウェーデンでは、調和の取れた色や形状の家が多いのでしょうか。

スウェーデンでは、無駄な外観主張はありません。

必要最低限な外観とシンプル性を重視します。外部への過度な主張は無用と考えています。

過度な主張は、結果的に不要な建設コストと維持費用が掛る事を、理解しているからです。

でも、室内は個性豊かな装飾や家具で飾ります。

外部は公共の一部という考えも有るのです。

スウェーデンの長屋式住居、家屋ごとに色だけ違います。(築75年)

何故その4:建築物理

スウェーデンには建築物理学という建築学の分野が有り、でも、日本には単独に建築物理学と言う学問は有りません。

(スウェーデンでは、建築物理学として、室内気候の学問が有ります。その学問により、住居の室内気候が大きく改善しています。)

この違いが、日本とスウェーデンの建築物に取って大きな差に成っています。

日本の建築物が、短命で快適性を伴っていない原因の1つは、建築物理学が単独の学問として、確立されず、重要視されていない為です。

建築物理学

 スウェーデン・ルンド大学 (建築物理学科がある)

何故その5:分業体制

日本では一級建築士がデザインから設備関連まで一人で行う事が多いのに、何故、スウェーデンでは設計、デザイン、構造、設備、建築物理など、専門分野ごとの分業になっているのでしょうか。

(専門分野ごとの分業で、より精度を高め、質の高い仕事をしています。)

 スウェーデン・チャルマッシュ工科大学の建築物理学者達

中央は無暖房住宅の設計者、ハンス・エーク氏です。

彼は意匠デザイン関係で、両隣の教授が建築物理の専門家です。

無暖房住宅は、これらの人達の協力に寄って実現したのです。

何故その6:無暖房住宅

現在、スウェーデンには無暖房住宅がどんどん建っています。

何故日本には無いのでしょうか。

私は、無暖房住宅を実際に見てきました。

(省エネ住宅 ⇒ 低エネ住宅 ⇒ 無暖房住宅への移行がこれからの住い造りの方向です。

しかし、日本に措ける無暖房住宅への試みは、まだ一民間企業の試みでしかありません。

住宅の省エネ化を加速する必要が有ります。)

 スウェーデンの無暖房住宅 (2003年、2005年視察)

何故その7:代替エネルギー

同じ石油100%輸入国でありながら、スウェーデンでは石油輸入を減らし、代替エネルギー政策を取っているのに、何故、日本は逆に輸入を増やし、備蓄を促進する政策を取るのでしょうか。

(近い将来、化石燃料の枯渇は周知の事です。

使用を減らす対策とそれに代わるエネルギー対策が100%輸入国の未来形だと考えます。

脱石油こそ、今後取るべきエネルギー戦略だと思いますが。)

スウェーデンのエコセンターに展示されている自動車燃料 :ForgonsGas紹介

何故その8:脱原発

スウェーデンでは、原発廃止に動き、日本は増設の動きを取るのでしょうか。

(スウェーデンでは、人類にとって危険な物は、使用しないのと言う、根本理念が国民投票に反映されました。)

以上述べた何故、何故、何故は、

スウェーデンと日本における、政策や方策の違いを取り上げました。

そして、日本への何故の問い掛けは、皆さんに取って良い方向に導く事で無いと思います。

トップページへ > 初めての方へトップへ

パッシブハウス・無暖房住宅・外断熱の今川建築設計監理事務所: 2006年08月15日|ページの 先頭へ|