パッシブハウス・無暖房住宅・省エネ環境住宅・RC外断熱、北海道・札幌市・北広島市の株式会社 今川建築設計監理事務所サイト へようこそ

 
●トップページへ ●初めての方へ ●住まいの相談 ●お問い合わせ ●アクセス ●リンク ●サイトマップ 

ハンス・エーク氏が受けた各賞

ハンス・エーク氏は、1999年度から“イエテボリ2050”のコーデイネーター を勤めています。その活動と無暖房住宅住宅の功績が評価され、2003年度イエ テボリ国際環境賞を受賞しました。 その受賞賞金の一部を、博士の母校であるチャルマシュ工科大学に寄付し、そ の寄付金で在校生が更なる省エネルギー研究を行っているそうです。

  ハンス・エーク氏

また、2005年の春に嬉しい知らせがありました。

ハンス・エーク氏 愛知万博協会「愛・地球賞」受賞

愛知万博協会は,地球環境問題解決や持続可能な社会の実現に役立つ 国内外の有力技術100件を「愛・地球賞」に選定しました。(2005年6月16日) 八つある分野の内,「地球温暖化防止とエネルギーの確保」(22件)の ひとつとして,ハンス・エーク氏の「暖房のない家」(無暖房住宅)が選ばれ ました。

審査委員長 近藤次郎東京大学名誉教授 の講評のポイント

  1. 技術が実現可能なもの
  2. 環境保護に実際に役立つこと
  3. 特定の地域だけでなくほかの国でも応用が利く技術であること

*応募は国内139件,海外97件の計236件。受賞は国内56件,海外44件(23カ 国)。

この講評ポイントは大変重要な意味を持つと思います。 新しいものが世に出る時、今まで以上の性能が必要ですが、既存の製品による 融合でその性能を発揮した事は、実現に向け大変取り組みやすい事を意味しま す。 つまり、夢物語とされていた無暖房住宅が、既存の技術で出来る事が大きい意 味が有ると言う評価です。

また、特定の地域ではなく諸条件を考慮すれば南から北まで活用方法は広が ります。 これは、将来に向けた高い評価で大変喜ばしく思いました。

トップページへ > 無暖房住宅の設計者トップへ

パッシブハウス・無暖房住宅・外断熱の今川建築設計監理事務所: 2006年08月16日|ページの 先頭へ|