パッシブハウス・無暖房住宅・省エネ環境住宅・RC外断熱、北海道・札幌市・北広島市の株式会社 今川建築設計監理事務所サイト へようこそ

 
●トップページへ ●初めての方へ ●住まいの相談 ●お問い合わせ ●アクセス ●リンク ●サイトマップ 

4.外断熱工法のいろいろ

外断熱工法には、通気層(外気を外装材と断熱材の間空間)を設ける乾式工法と 通気層を持たない湿式工法があります。

乾式外断熱:通気層工法

透湿抵抗(湿気を通す抵抗値)が高い、躯体コンクリートをわずかに通過する水 蒸気は、透湿抵抗小さい繊維系断熱材を通って通気層内に入れ通気層の上昇気流に より導かれ外部に放出されます。

通気層工法の外装材支持には、現在さまざまな仕組みが考案されています。

 スウェーデンの乾式外断熱の例(カタログより)
 スウェーデンの乾式外断熱の例(カタログより)

湿式外断熱

ドイツで開発され、発達した外断熱工法に湿式外断熱があります。湿式外断熱工 法は断熱材の上に、特殊なモルタル状の仕上げ材を塗る工法です。この場合、室内 からの湿気を断熱材、仕上げ材共に透湿し、外部に放出します。

湿式工法は乾式工法に比べ工事が単純な事、外装材に重量物を支持しない事、複 雑な形状にも比較的対応する事など、古い建物などの断熱改修などを行いやすい工 法です。また、外壁が塗り仕上げ独特な表情を持ち、変化のある色使いも出来る外 断熱工法です。

湿式外断熱材は、ドイツのSTO(シュトー)社と、アメリカのドライビット社が 有ります。

 ドイツSTO(シュトー)社

トップページへ > 外断熱工法とはトップへ

パッシブハウス・無暖房住宅・外断熱の今川建築設計監理事務所: 2006年08月15日|ページの 先頭へ|